たまにはハミング気分で

アクセスカウンタ

zoom RSS 嵐山嵯峨でのスケッチ?

<<   作成日時 : 2017/11/13 15:50   >>

ナイス ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 18

絵画サークルの活動は主に室内ですが、
気候の良い時期には外に出かけてスケッチをします。

今回(10日)は遠出をすることになったのは良いとして、
人出の多そうな嵐山方面になりました。

最初はJR嵐山嵯峨駅で下車し、先ずは落柿舎辺りを
目指して歩きます。
画像
目前に見えるのは清涼寺ですが、
ここはお庭を通り抜けるだけで、とにかく先導していただく
お世話役の方の後を付いて歩くのみです。

画像
落柿舎(ここは、芭蕉の門人である
向井去来が結んだ庵で、俳諧道場だった)の前は
記念写真を撮る人が多く、暫く待ってから撮ります。
画像

画像


画像
空き地を挟んだ向かい側からの全景です。

画像
常寂光寺も紅葉の名所ですが、
中では描けないので、山門から撮るだけです。
画像


画像
画像
周辺には見事な紅葉が見れますが、
人が多く、スケッチの場所には適さないので、まだ歩きます。

画像
混んでいる時の為に、皆さんおにぎりなどを持参されていましたが、
ここで麺類の軽い昼食を、このお庭でいただきました。

参加者は全部で15人でしたが、結局はここで行く先が幾つかに分れ、
私はKさんと二人で竹林の方に行くことにしました。
この時点で他のメンバーの皆さんも、スケッチは
半ば諦めて紅葉狩りのウオーキングに転向のようです。

画像
久し振りに来たのですが、余りの人の多さにびっくりです。
確か、前はもっと風情のある写真も撮れたのに、残念です。

画像
横道に反れるように竹林があり、立ち入り禁止ですが、
何故か人力車のみ通行できます。
画像

人は入れないのですが、写真だけはやっと撮れました。

狭い通路に大勢の人で一杯なのに、結構頻繁に人力車が通ります。
その度に横によけて人力車がお通り頂く様な感じがして、面倒でした。
観光化され過ぎて、あの風流な竹林はどこかへ行ったみたいでした。
着物をレンタルしている若者も多いでしたが、まるで浴衣のような
季節はずれの着物もありましたが、そんなことはお構いなしに
楽しんでいるように見受けられました。


画像
Kさんがまだ野宮神社には行っておられなかったので、
お詣りしてきました。
とはいえ、縁結びや子宝安産の神様ですから、時既に遅し。
孫娘の為には、まだ早すぎるし・・・
画像
若者と外人さんが多いでした。
画像

画像




画像
渡月橋に向かうお土産などのお店が並ぶ、
人気の通りはやはり一番賑わっていて、真ん中を自動車が通るので
非常に歩きにくかったです。
やっと天竜寺に辿り着きましたが、ここもこの通り。
画像


画像
この立派な松が気になり、近くからも撮りました。
画像
角度を変えると凄い迫力を感じます。
画像


画像

画像

画像
少しお日様も傾きかけて、白壁に陰を落とす紅葉のシルエットも
なかなか良かったです。

画像
天竜寺を後に、ゆっくり休めるお店を求めてまた歩きます。

老舗の和菓子屋さんの奥が茶処になっていて、
やっとゆっくり足を休めることが出来ました。
画像


再びJR嵐山嵯峨駅で、全員集合です。
折角、スケッチの準備をしながらも、描いた人は少なかったようです。
私達も天竜寺の境内でやっと小さな紙に二枚だけ、
それも彩色はしないでちょこっとだけでしたから、
描いたとは言いがたいです。

主人が、夕食も済ませてきて良いよ!って言ってくれたし、
Kさん宅もそうなので、京都駅でまた別行動を取る積りでした。
でも、結局は疲れを感じたのと、この調子では
京都駅周辺での食事も大変そうなので、皆さんとご一緒に
みやこ路快速で帰ることにしました。

絵の道具など持たずに、最初から紅葉見物と決めれば
門前で終わらずに、お庭を拝見できたのにとも思いますが、
天候にも恵まれ、紅葉も充分に楽しめたので良しとしましょう。

画像
今日もまた、ご褒美の夕焼けです。
でも、何のご褒美なんでしょうかね。
良い一日が過ごせたということです。






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 52
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
京都嵐山・嵯峨方面のスケッチ散策、いいご趣味ですね。
でも、なかなか腰を据えてスケッチできなかったご様子。
でも紅葉など季節が感じられる風物を眺め、充実した1日になったと思われます。
10日と言えば平日なのに、京都は凄い人です。
狭い竹林の道など、歩くだけでも大変なのに、人力車が我が物顔に通って行くのですね。
観光地化し過ぎるのも困ったことです。
夕景のご褒美素晴らしいです!
トンキチ
2017/11/14 15:38
トンキチさん
携帯椅子まで持って行きましたが、
座り込んで描くなんて無理でした。
最初から行楽目的で行けば良かったと
きっとメンバー全員が感じた事でしょう。
人力車はどこにでも見受けられましたが、
狭くて人で溢れているのに良く通るし、
一般は立ち入り禁止の竹林に入れるのは
どうかと思いました。
何やかやと文句を言いながらも、結構
紅葉を楽しむことが出来ました。
まだ疲れが残っている感じです。
コメント、ありがとうございました。
つばさ
2017/11/14 16:14
つばささんのお住まいのところは、ちょっと行くと風景画に適していると思われる魅力的な場所が、たくさんあるんですね!私もこの頃から、スケッチなどしてみたくて、スケッチブックや絵の具道具を買いました😆!
まだ、一枚描いたきりです😅仕上がりは、どうであれ、楽しいです(*^ー^)ノ
少しずつ練習していきたいです!!🎨
この日は、描かれなかったようですが、すばらしい秋の風景をみて回られて目の保養にはなられたかもしれませんね!
最後の夕陽の画像もすばらしいですね〜🎶
わらび
2017/11/14 16:19
夕景がすてきです。
今はどこも観光地として人が多くなりました。
あまり多いと歩きにくいですね。
紅葉などはゆっくり歩いて楽しみたいと思いますが、そうもいきません。
シルエット、お地蔵さん、甘いものなど、いい一日を過ごされました。
はるる
2017/11/14 19:25
わらびさん
わぁ〜、絵の道具を揃えられたのですね。
私は、いつかテニスが出来なくなった時に
お家で退屈しないようにと考えて
絵を始めました。
最初の頃は、小さなスケッチブックに
部屋にあるお花や果物、飾り物など
まめに描いていたのに、今では教室に
行った時だけ描くという有様です。
初心に帰らなければと思っています。

京都、それも人気の場所でのスケッチは
無理でしたが、楽しかったです。
わらびさんとは遠すぎて、ご一緒に
スケッチとは行かず残念です。
コメント、ありがとうございました。
つばさ
2017/11/14 20:06
はるるさん
人気の観光地は、人出が多いですが
やはり素適な何かがあるので、どうしても
そちらに足が向いてしまいます。
その上、15人もの団体行動は
私には苦手なことでした。いつもの様に
気ままに動きたかったです。
途中からは分散しましたが、帰りの時間も
決められていて・・・
愚痴ってしまってごめんなさい。
はるるさんのお散歩スタイル、実は私も
大好きなんです。
コメント、ありがとうがざいました。
つばさ
2017/11/14 20:18
スケッチ旅行は京都でしたか。
最近私は京都の観光をしていません。
やはり人が多そうで、本願寺に用事が
あるときだけになりました。
写真を撮ってそれを作品に仕上げることを
絵を習っていた叔母がしていましたが
つばささん達は実際にスケッチされましたか。
お疲れ様でした。
慈園
2017/11/14 22:41
おはようございます。
嵐山界隈。2年前に行きましたが日本ではないほど
外国からの観光客がわっさわっさと。
歩けないんです。
スケッチいいですね。でも人ごみは大丈夫でした?
覗かれるのってどんな気分なんだろう。。といつも思いながらもチラ!っと見ちゃいます。
お天気でよかったですね。
写真も絵も被写体になる場所が多い京都。
人だらけですが。
今日も一日お元気で<m(__)m>
winga
2017/11/15 06:54
慈園さん
やはり人出が多すぎて、描きたい場所では
無理でした。
さっと描いておいて後で撮った写真を見て
仕上げるのですが、
今回は殆ど観光で終始しましたが、
それなりに楽しかったです。
どこか空いた穴場はないものかと
思うくらいです。
コメント、ありがとうございました。
つばさ
2017/11/15 09:14
wingaさん
何故、人気の嵐山方面まで描きに行くのか
心配でしたが、案の定、スケッチどころ
ではありませんでした。
重い荷物を背負って歩くのは、結構
疲れるもので、
その後、数日は風邪気味でしたよ。
京都は、個人で心の赴くままに歩きたい
そう思いました。
また行き直したいくらいですが、あの
混雑を思うと、当分は行かないでしょう。
京都にお住まいだと、大変でしょうね。
でも、お仕事、頑張ってくださいね。
コメント、ありがとうございました。
つばさ
2017/11/15 14:46
こんばんは。
嵐山嵯峨でスケッチ、素敵ですね。
でも、観光客が多くて大変だったみたいですね。
竹林の小径も人でいっぱい。着物を着ている人は外国の方が多かったのではないでしょうか。私も紅葉の時期にあのあたりを歩くと聞こえてくる言葉は日本語より外国語の方が耳に入ってきます(苦笑)

天竜寺の松、このような立派な松があるんですね。天竜寺は桜と紅葉の季節には出かけるのですが、桜と紅葉が目当てで松には今まで気づかなかったです(^^;)
それに夕焼け、きれいです。素敵ですね。
お疲れさまでした
narayama2008
2017/11/15 22:54
京都は特に人が多いですが、最近はどこに行っても外国の人が多いですね。来ていただけるのはいいことなんでしょうけれど、観光地化すると昔の風情はなくなって、寂しい気もしますね。
素敵なところでゆっくりスケッチできるといいですのにね。
でも普段と違う空間で普段と違う時間を持てて、素敵な写真も撮れて、良かったです。
この写真が絵になることはないのですか?
「ご褒美の夕焼け」これから夕焼けを見たら思い出しそうです。
すずりん♪
2017/11/15 23:53
narayama2008さん
人が多くて、スケッチどころでは
ありませんでした。
暫く行かないうちに、竹林の小道も
前のよう風情もなくなり、ちょっと
がっかりでした。
天竜寺の松は存在感がありました。
でも、仰るように、皆さんは紅葉に
夢中の感じでしたよ。

晴天の夕方には、美しい夕焼けが
望めるのですが、その日の雲の形により
見映えも随分違い、面白いです。
コメント、ありがとうございました。


つばさ
2017/11/16 17:22
すずりん♪さん
この時期に嵐山方面にスケッチは
ちょっと無理でした。
でも、京都に出かけることが出来て
楽しかったです。
写真は、私も軽いコンデジを持って
行きましたので、余り良い写真は
撮れませんでした。かといって
一眼レフを持っていっても、同じく
上手く撮れないのですから困ります。

折角なので、写真から描いてみようと
思っています。
コメント、ありがとうございました。
つばさ
2017/11/16 17:33
嵐山嵯峨野は大人気の観光地ですね。2年前姉たちと出かけたときは竹林のあたりはものすごい人でしたが、落柿舎あたりは訪れる人も少なくて落ち着いた場所でした。お食事したところ私たちも行ったところかもしれないです^^スケッチは残念でしたがいい観光ができましたね。
かるきち
2017/11/16 20:50
かるきちさん
やはり竹林の方は多いでしたか。
どちらかといえば、竹林から渡月橋辺りが
人気コースなんでしょう。
それに比べると落柿舎などは、前で記念
写真だけだったり、人力車で通る人が
いるくらいでしたね。
こんな時期にグループででスケッチに
行くのが間違いで、最初から紅葉狩りに
した方がよかったかも知れません。
それでも、久しぶりに京都の秋を
楽しむことが出来ました。
コメント、ありがとうございました。



つばさ
2017/11/17 09:27
落柿舎から常寂光寺、天龍寺へ。
懐かしい散歩コースです。
でも、私が奈良・京都に通い詰めてた
〇十年前には、考えられなかった
人の多さですね。人の顔を入れずに
写真を撮るのは大変だったでしょう。
スケッチの場所を見つけるのは、
もっと難しそうですね。
yasuhiko
2017/11/18 18:21
yasuhikoさん
随分な古都贔屓だったのですね。
国策で外人観光客誘致に力を入れてますが、
奈良も京都も、その良さというか趣が
無くなってしまった様に感じます。
スケッチの場所選びは失敗だった様です。
それでも、京の晩秋を感じる事が
出来ました。
コメント、ありがとうございました。
つばさ
2017/11/18 21:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
嵐山嵯峨でのスケッチ? たまにはハミング気分で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる