旧城下町での雛まつり

最近は町おこしの一環で、雛飾りを公開される
地域が増えたように思います。
私とは違い、親子三代で同居されていて、
毎日を忙しく過ごされている友人と、
やっと郡山の雛まつりを見に行くことができました。

道幅の狭い、昔ながらの商店街で大小様々なお雛様が、
ウインドウ越しや、商品の陳列棚の横だったりで、飾られていました。
町や風に建て替えられたと思われるお家では、
相当に古い時代のがあり、よく保存されていることに感動です。
画像

画像


これは老舗の和菓子店での雛飾りです。
有名な餅菓子の名前も、400年も変わっていないそうです。
画像

画像


駅で出会った方から一押しされていた三階建ての旧川本邸では、
二階までの各部屋に飾られていて、見ごたえがありました。
和室につり雛を左右に置いた段飾りもありましたが、
全体を撮るには廊下から落ちそうな距離になり、思う構図ではありませんが
私には、初めて見る立派なつり雛でした。
画像

画像


金魚で有名な所だけに、珍しく金魚だけのの吊るし雛もありました。
画像

流し雛を再現した部屋もありました。
画像


圧巻は大階段のひな飾りでした。
見物の方が、片付けるのが大変そう・・とつぶやいておられましたが、
私も同感です。
全てボランティアで実行されているようです。
画像

入ったすぐのお部屋には、城下町らしい作りの段飾りでした。
画像


通路にはやはりつり雛がありましたが、
その中央に吊り下げてある手鞠をUPしてみました。手が混んでいます。
色んな願いを込めながら丁寧に作られたのでしょう。
画像

画像

川本邸の外観です。もとは遊郭だったそうです。
画像


よくイベントの開催されるホールでの合唱を聴きにと
足を伸ばしたのに、場所が違っていて残念な思いをしましたが、
大仏様のグローブとボールが展示されているのを、見る事ができました。
画像


ちゃんとMAPも頂いているのに、話すことが一杯の二人は
行き過ぎたり、勘違いしたり・・・珍道中でした。
後で思い出しても笑ってしまうことばかり。
一人だけの時はお互いにもっとしっかりしているのに、
なんででしょうね・・・また笑い。
帰宅後の歩数計は13400歩。疲れましたが、楽しみました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

よしこさん
2016年03月09日 16:36
大和郡山でも 雛祭の公開やってるんですね
知りませんでした 奈良では 高市のひな祭りが 有名ですね
でも ここも立派 見ごたえありますね
確か 大和郡山城は 豊臣秀吉の実弟の羽柴秀長のお城でしたね
栄えていた時の 名残り 御殿付きの物が沢山 見受けられますね
今年は もう終了 来年は 是非行って見たいです
2016年03月09日 19:07
今、古いお雛さまなどをこのように飾るのが多いですね。
お友達とご一緒に、それは楽しいお話がつきません。なのでちょっとの勘違いはあることです。
大仏さまのグローブはおもしろいです。
お疲れさまでした。
2016年03月09日 21:32
よしこさん
やはり友人からのお誘いで行ってきました。
城跡の方では盆梅展もやっていたようです。

間もなく始まるお城祭りも、桜が見事なので
いかがでしょうか。
2016年03月09日 21:40
はるるさん
かなりな珍道中でしたが、楽しかったです。

今夜のローカルニュースで、このグローブを
東北の被災地にいる子供達を元気づける為に
解体して、近々持っていかれるとのこと。
良いタイミングで見れて良かったです。
お出かけは、良い出会いも多いのでしょうね。
2016年03月10日 19:05
お友達との雛巡り、楽しめましたね♪
こちらの「福よせ雛」を今年も見て来ましたが、面白いというか滑稽というか、笑ってしまうお雛様ですよ。

吊るし飾りも豪華で見ごたえがありますね。
こんなのを拝見してたら、私も頑張らなくちゃ!と思います。
友との行動はたしかに珍道中になりますね。
お互いに安心感があるからでしょうね。。
お疲れ様でした!
2016年03月10日 19:39
ハーモニーさん
手芸もお得意そうでしたから、創作意欲が
もりもり・・でしょうか。
吊るし雛は、随分何年もかかって完成された
そうです。もっと時間をかけてゆっくり観賞
したいと思いましたが、人出も多くて
仕方がないですね。
2016年03月11日 14:12
最近は、各地の城下町、宿場町で、
こうした雛人形巡りの催しが
開催されてるようで、皆さんのブログで、
楽しませて戴いてます。旧家に残る
江戸や明治・大正・昭和初期の
古い雛人形が、こうしてまた日の目を
見るのは、とてもいい事ですね。
金魚だけのつるし雛とは、さすが
郡山の土地柄を偲ばせます。
2016年03月11日 20:23
yasuhikoさんの
ブログで拝見した立派なつり雛を、実際に
観ることができました。
フリーで出入りさせて頂けることに、
感謝しなければと思いました。

そうですね、郡山は
金魚の方が有名だと思います。
夏の金魚すくい大会全国版も、
面白いかもしれませんね。

2016年03月11日 21:34
城下町のおひなまつり、素敵ですね~~。400年のお雛様とても貫禄がありますね。吊り雛もとても可愛らしくて見飽きないですね。大階段の雛飾りは見るのはすばらしいけれど、やはり片付けたりするのは大変でしょうね^^素敵なものをみせていただきありがとうございます。
2016年03月11日 22:08
かるきちさん
ブログで拝見して満足していましたが、
実際に見る機会があれば、やはり
この目で確かめるべきですね。
ひな祭りの頃には、子供達が男の子で
良かったと思ったものです。
でも実際には、娘さんと一緒に飾るのを
楽しんでおられるのでしょう。

この記事へのトラックバック