友人を労って京都へ①

同じマンションで仲良くして頂いているAさんと
久しぶりのお出かけです。

彼女は三世代で住まれていて、家事一切を
引き受け、日々頑張っておられるのです。

4日は娘さんが休暇を取り、
お母さんにゆっくりお出かけする日を作られて、
私がご一緒することになったのです。

主人の提案で、思い切って、京都府立植物園に出かけました。
早くからこの日を設定していたのですが、
桜もほぼ満開でラッキーでした。
画像


画像


お子さん連れには安心できるお花見の場所のようです。
画像

画像画像


結婚写真の前撮りだと思えるカップルを、
5組ほど見かけました。
この日は汗ばむ陽気でしたので、暑かったのでは。
元々、熱々だから・・心配ご無用と言われそうです。
画像


ここの雪柳は背も高く圧倒されました。
画像

画像


池の畔の桜の大木は既に葉桜になっていて、
池が花びらで白くなっているくらいでした。
そこに桜の木が陰を落としていて、風流どした。
(何故か京言葉に・・)
画像

画像


桜も良いけど、もみじの新緑もまぶしいくらい。
ミツバツツジとのコラボも素敵です。
画像

画像


まるでAさんの様です!思わず口に出た大きな木。
明るく大らかな彼女だから、一緒に居ても楽しいのです。
画像


向こうの方の地面が赤いので行ってみましたら、
やはり落ち椿でした。
赤い地面に気がつかなければ、
椿園があるのは、危うく見逃しそうでした。
画像


画像画像画像画像
コンデジでの撮影なので一寸残念ですが。

画像


この植物園にはもう随分久しぶりでした。
絵を習い始めた頃に教室からスケッチに来たと思います。
椅子に座って描くわけで、ほんの一部分しか動かなかったし、
解散の後は北山通りなどの散策をした記憶があります。
もちろん、奈良に引越し後のことですが、
今回は時間を気にせずに過ごせるので、これからは
温室やチューリップ園などを見て回りたいと思います。

主婦にとって、夕食の支度も、帰宅時間も気にせずに
外出できるのは、何よりもうれしいことです。
お互いの家族に感謝しながら、広い園内のお花見を
まだまだ頑張って歩かなくては!

ブログはひとまず小休止させていただきます。