小さな日常のことです

今年から、もう少しブログの更新を多くしたい!
なんて、私らしくない目標を掲げたのですが・・・

インフルの予防接種をしたことで、きっと
慢心していたのかもしれませんが、
風邪で数日寝込んでしまいました。
お陰様でやっといつもの生活に。


風邪をひく前のある日の事ですが、
図書館で友人とばったり。

私が本選びをしていると、
”その辺を歩きに行かない?”とのお誘い。

画像

途中で、こんなかわいい実を手折ってくれました。

こちらは野いちごです。後でスケッチしました。
画像



彼女が恐るべき健脚の持ち主なのを
うっかり忘れて、一緒に歩き出したのです。

人気の無さに少し怖気ながら歩いたのですが、
”いつも一人で歩くコース”と聞いて、びっくりの私。
誰かと出会ったらこわくないの?”なんて愚問を。

すっかり落ち葉で敷き詰められた低い山道。

”これは猪の足跡だと思う”

こうなれば頑張って付いて歩く以外になく、
速度は私に合わせてくださったので、何とか・・・

民家のある所まで出て、ほっと安堵の私でした。

彼女が一人なら、もっと高いコースを歩かれるそうですが、
今日は物足りなかったかも。

画像


リビングの壁に飾ってみました。

どこを歩くのか見当も付かずに歩いたのですが、
一人なら絶対さけていたコースなので、
”ちゃんと歩けたじゃん!”

あかんたれの私に少し自信を付けてもらえたような、
彼女に感謝しなくてはね。

年齢はほぼ一緒なのに、
彼女は全くお医者さんとは無縁で、常備薬も無し。
いざという時のために、かかりつけの主治医を
検討中とのこと。

10年ほど前に、先に旅立たれたご主人が
きっと見守ってくださっているに違いない・・・
彼女も頷いてくれていましたが。

画像


今日は、今年初めての絵画教室でした。
オープンしたばかりのコミュニティセンターは、
災害時に対応するのが主たる目的の施設になっています。

隣には、昨年まで使用していたいわゆる
公民館がまだ壊されずに閉まった状態です。

油絵の方もいるので、床を汚さない様に
大きなシートを敷くことになりました。
机も真っ白でとても気を使いながら描きました。

立派な建物なのは有難いですが、
無料だった部屋の使用料も発生するそうです。
近隣の赤字の町ではとっくに有料なので、
当然かもしれませんが、
ここは黒字のはずなのに・・・

月謝はなるべく上げない方向で
先生への謝礼や部屋代その他の出費を
考えながら運営していかねばならず、
幹事さん達が悩まれているようです。
サークルの種類や数も凄く多いので、
部屋の確保もこれからは大変になります。

あ~あ、古い公民館が懐かしい!

絵もお上手でベテランの男性会員さんが
結構たくさんおられるので、
私達は恵まれていると思っています。

少しでも良い絵を描いて恩返ししなくては・・・
たまには殊勝なことも考える私です。









"小さな日常のことです" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント