のんびりな鹿さんでした。

夕方のローカルTVで、県立美術館での
特別展を紹介されていて、その翌日に
久しぶりに奈良市内に行ってきました。

奈良③.JPG

以前は広い自動車道を挟んだ公園側にいただけですが、
最近は観光バスや人出も少なくなり、自由に動き回っている様で
上手く道路を横切っているのでしょう。

親子で美味しそうに、草を食んでいる姿は微笑ましい。
たまに母鹿のおっぱいも飲んでいましたが、
私の側からは捉えることが出来ませんでした。

孫娘のYちゃんが、年中さんになり”しかぐみ”になったそうなので、
さっそくLINEで送信しました。

DSC_0741.JPG




美術館で開催中の”熱い画家”展"の出展者の名前を見ていて、
主人が、中学時代の恩師に気づきました。
中学校では担任を持たず、美術の専任だったそうです。

振り返れば、凄い方の指導を受けていたことになりますが、
何等の絵画に関する影響も受けてないのは、残念なことかもしれません。

翌日の小雨の中、何故か、私が見に行くことになりました。

残念ながら写真撮影は禁止でしたし、殆どが抽象画なので
私にはよくわからなかったものの、
”戦後昭和に躍動した画家たちの熱いエネルギーを感じてください”
というパンフにある言葉を、実感できたような気がします。

部屋がいくつにも分かれていて、どの部屋もほぼ
貸し切り状態でしたので、全く三蜜の心配もなく鑑賞できました。

DSC_0733.JPG




ランチ処を探しながら散策です。
小さなお寺ですが、素敵な風情に惹かれて、少し中に。

DSC_0752.JPG




向こうの木には、赤いお花が沢山。
梅雨の頃に咲くらしいのですが、サンゴシトウ(珊瑚刺豆)の様です。
DSC_0754.JPG



ヤマボウシを、雨に打たれて足元に落ちている赤い花が、
引き立てています。

DSC_0753.JPG



別の細い路地に咲く額アジサイのブルーに引き寄せられました。

DSC_0749.JPG




こちらは、お店の入口にありましたが、絵の練習には良さそうなまとまりです。

DSC_0750.jpg




こちらも、ずっと以前に来た時に気になっていた、可愛いお店。
やはり画材には良さそう・・後は、実行あるのみなんですが・・

DSC_0747.JPG



私には珍しく、とっくにランチタイムが過ぎて
やっと入りたいお店にたどり着きました。
上の階の食堂は眺めが良くて好きだったのですが、
今回は一人なので、一階で済ませることに。
入口で、手の消毒と検温がありましたが、店内は空いていて
素敵なお庭を眺める席で、ゆっくりいただきました。

ここへ来るまでの商店街も流石に空いていたし、
気に入って何度か友人とランチをしたお店が閉まっていたりで、
多くのお店が新型コロナの影響を受けられているのを感じました。
やはり、店頭でテイクアウト用を販売されているのが目につきました。

DSC_0758.JPG


観光客が多すぎて、もう随分公園周辺には行ってなかったのですが
自粛と経済活動のバランスの難しさを改めて考えました。

奈良の鹿さんたちも、何だか のびのびとしているようでしたが、
何を感じているのかな・・

マスクをしながらのウオーキングは、汗だくでしたが
定番のお気に入りの食べ物なども買うことが出来たし、
力強い作品も観れて、満足の一日でした。

"のんびりな鹿さんでした。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント