南京町界隈へ

先日、カメラサークルからの撮影会に参加しました。 激しい雨も朝にはすっかり止んで、日差しのきつい晴天でした。 神戸の元町駅から少し歩いた所にある、南京町からスタートです。 この辺りで解散して、集合時間までは自由行動です。 この広場のすぐそばに、行列のできるお店”老祥記”があります。 いわゆる豚饅頭の元祖だそうで…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

やっとジャカランダに・・・

私が初めてジャカランダに出会ったのは、 7~8年前のニュージーランド旅行の時でした。 見上げる高さの大きな木に青紫の花が一杯咲いていました。 あの時の感動は、今でも鮮明に記憶にあります。 今回、友人のお誘いで 久しぶりにジャカランダを見に 行く機会に恵まれました。それも大阪でした。 JR弁天町で地下鉄…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

絵画展が無事に終わりました

年に一度の絵画教室の作品展のある場所は、 幸いなことに歩いて搬入出来るので、恵まれています。 それでも一人が5点を出展することになっているので 結構重くて、毎年主人に搬入を手伝ってもらいます。 これは会場のほぼ全景です。 UPする程の絵ではありませんが、メモリーとして3枚を出させていただきます。 これは、スイスの小さな湖…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

写真の作品展を観に行きました

いつもの県立公園・・といってもたまにしか行かないのですが、 前回 主人と歩きに行った折に初めてお会いして、 数分ですがお話をしました。 お互いにカメラを首から提げていたのが、きっとご縁になったのでしょう。 作品展の事もお聞きしていたので・・・何となく行ってきました。 公園館の二階が展示場でした。 花ざくろはそんなに何…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

カメラの困ったを解決

以前に譲り受けたPLレンズを、先日の撮影で 初めて使用したのですが・・・ その後、全くそれが外れなくて困っていました。 PCで検索すると、多くの方が私のような体験をされていて 解決のアンサーも色々あり、いくつかを試しましたが 何度試みても外れてはくれませんでした。 丁度メーカーでの講座説明会があり、それを持参したとこ…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

中之島界隈へ

本来の目的は、中之島から南へ下りながら、大阪の レトロな建物を巡るでしたが・・・・ 思いがけずバラが満開でしたので、ここで楽しんでしまいました。 日差しが強く、川向こうのビルの陰でのオープンカフェが 羨ましいくらいでした。 今日は余りバラは撮らないことにしました。(得意ではないのです) お掃除道具を引っ張って移動する…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

楽しみな帰り道

あるサークルが毎週土曜日にあり、朝は忙しいので バスで行き、帰りはバス道からそれて歩いて帰ることにしています。 ただ、ここ暫くは休みだったり自分が休んだりしていて、久しぶりでした。 教室のすぐ近くには、極くさりげなくというか 気取っていないお花畑があり、全体を見るとこんな感じなんですが・・ 坂を降りて近づくと、可愛…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

二日目は鳥取砂丘へ

ホテルでの朝食を済ませ、倉吉からは短い時間ですが 二両編成の特急まつかぜで、鳥取に向かいました。 鳥取から来た特急とほぼ同時に反対方向に発車します。 鳥取駅前からは、バスで砂丘に向かいます。 よく考えれば、砂丘に前回来たのは約50年前・・・・うそ!ではなく 本当なんですから、何だか 怖いくらいです。 何歳の時に来たか・・…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

鳥取へのんびり旅

昨年趣味のサークルから鳥取に一泊で行きましたが、 まだ行けてなくて気になっていた倉吉を、先ず目指しました。 大阪から特急スーパーはくとで、約3時間なので 自宅からだと随分遠く感じました。 倉吉駅前からはバスで、赤瓦・白壁土蔵群行きに乗ります。 玉川沿いはレトロな白壁の土蔵が並んでいました。 白い漆喰の下の方は…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

珍しく大人二人で動物園に・・

これは桜を撮りに行く予定を変更した時なので、 少しばかり前になりますが・・・ お花は勿論、こちらのスケジュールに合わせてくれるはずも無く、 急きょ、神戸市の王子動物園に行くことになりました。 桜以外ならレトロな建物をと希望したので、その様な 建物もあり、動物なら季節に関係なく撮れるという、カメラ 大先輩のSさんの提案…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

再び県立公園へ

チューリップフェアが始まる前日に、主人に付き合ってもらって いつもの公園に行ってきました。 このピンクは初々しくて、今年 新一年生になった孫娘を思いました。 沢山お友達が出来ると良いな~なんて・・・ 珍らしい色あいも沢山ありました。 やはりチューリップは愛らしい! 白い群れの中に一輪の異端児を発見かと思いまし…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

撮り鉄体験のお花見

曇りのち雨の予報でしたので、近場でお花見に出かけました。 機関車が置かれている小さな公園で、日頃は殆ど 行かないのですが、絵画展で”わが町”というテーマの時に 機関車と桜を描かれていたのを、思い出したのです。 この公園はJRと近鉄の線路に挟まれた、細長い形状になっています。 何気なくお花見の積りでしたが、特にJR側は次…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

陽気に誘われて・・

久しぶりにカメラを提げて、公園散歩をしました。 電車でも行けるのですが、メインの入口へはやはり 車が便利、というわけで、 今回もまた友人のYさんの車のお世話になりました。 小鳥の撮影は苦手な私も、さえずりが聞こえるとつい その姿を探してしまいます。 今回はYさんの助言もあり、カメラを向けてみましたが 重いからと望遠レン…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

写真展を奈良で

友人の同級生が毎年グループ展に写真を出展されていて、 今年は、カメラクラブに入った私を、さりげなく誘ってくれました。 JR奈良駅からバスに乗り、入江泰吉写真美術館に向かいます。 バスを下車してすぐの所で、お家を土塀などで囲わずに、 木だけで塀の代わりをしている昔ながらのお家がありました。 その向かい側、こちらはよく見か…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

旧城下町での雛まつり

最近は町おこしの一環で、雛飾りを公開される 地域が増えたように思います。 私とは違い、親子三代で同居されていて、 毎日を忙しく過ごされている友人と、 やっと郡山の雛まつりを見に行くことができました。 道幅の狭い、昔ながらの商店街で大小様々なお雛様が、 ウインドウ越しや、商品の陳列棚の横だったりで、飾られていました。 町…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ちょこっと京都へ

絵具の三原色で描かれるA先生のふたり展を観に 京都まで行ってきました。 奈良での個展などにも行ってますが、遠くまでは今回が初めてです。 まるで、おっかけの心境です。 それも、相当に平均年齢の高い4人揃ってです。 これはパンフレットに紹介されている絵です。 今回は、朝日カルチャーで講座を持っておられる、 やはり水彩画…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

観梅は久しぶり

お散歩の道すがらでも梅花は楽しめるこの頃ですが、 やはりわざわざ出かけてみようということになりました。 5年ぶりに、道明寺天満宮にしようと即決。 菅原道真公のおばにあたる覚寿尼公という方が 隣接している尼寺に住んでおられたので、道真公も 時々ここを訪れておられたそうです。 平日だからかもしれませんが、桜とは異なり、私…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

奈良市のイルミネーション

丁度今頃は、奈良でも瑠璃絵と名付けられた 素敵な光のイベントが開催されています。 昨年の写真になりますが、少しご紹介したいと思います。 春日大社、興福寺そして東大寺の三社寺を光の道で繋ぎます。 閉門後の東大寺は、中門の外側からしか拝観出来ませんが、 この時期は観相窓が開けられ、大仏様のお顔だけを拝観することが出来ま…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

テニス観戦を思い出すこの頃

先週の日曜日にカメラサークルから行くことになっていた 兵庫の昆陽池での鳥類の撮影会が寒波のため順延になり、 籠りがちなこの頃でした。 丁度テニスのオーストラリアンオープンの最中なので、 退屈はしないで済みましたが・・・ 一度だけですが、その時にあわせて旅行をしたことがあります。 それ以前にケアンズに滞在していて仲良し…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

久しぶりの奈良町でした

絵画つながりの4人が揃ったのは、4年ぶり位です。 年頃はほぼ変わりませんが、その中でも一番お若いSさんの ご主人が先に旅立たれたので、暫く集まっていませんでした。 長い闘病生活でしたから、支える彼女も体調を崩されていました。 何年経っても寂しい思いは続くでしょうが、取り敢えず 心身共に彼女らしさを取り戻して居られるのを感じ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more