救急車のお世話になりました

救急病院の近くに居るので、ほぼ毎日と言って良い位
救急車を意識しながら暮らしています。

でも、まさか、自分がこんなに突然にお世話になるなんて、
全く思いもしなかったです。

魔の11月28日・・・とでも言いたいくらいの、この日。

朝からは全く普通・・・強いて言えば、少し耳の聞こえ方がおかしい位の
元気なスタートでした。

先ずすぐ近くにある内科医院に、いつものお薬を頂きに行き
その足でスーパーに立ち寄り、いつものお買い物を済ませました。

何故か耳が気になったので、受付の終了した耳鼻科に頼んで
受診する事に・・・虫の知らせでしょうか・・・

一時簡以上待っているうちに、何だか身体がしんどい、変。
主人には迎えに来て欲しい旨の連絡は入れました。

診察室に入るのもやっと。それでも何とか聴力検査を受け、
突発性難聴だから、明日行くようにとS病院への紹介状を頂き
車椅子をお借りして、吐きながら自宅へ、そしてベッドに何とか
辿り着きました。

少しでも頭を動かせば、身体が回るようで、微動だに出来ません。

明日まで待てずに、救急車のお世話になる事に決めました。

幸か不幸か、消防署が近いので4~5分で行きます!との事。
大慌てでパジャマなどを準備して、いざ出動です。

ベッドからタンカーに移動する時に頭が抱えられたのですが、
身体が前に大きく回転し、どこかに落ちてしまいそうな・・恐怖で
大きな声が出てしまいました。
体験した事はありませんが、バンジージャンプって、こんなのかもしれません。

点滴と導尿の管がある上に、頭も動かせず、ベッドに横たわる苦痛に
ひたすら耐えました。

5日目の午後にはすっかり管から開放され、少しづつ食べるようにし
それからは毎日快方に向かっているのを実感していました。

病室の窓からはすっかり落ち葉してしまった桜の木と、
その背景の木々が朝日を受けるのが見えて、気分が晴れました。
画像


窓辺にたてるようになって気がついたのですが、毎日一羽の小鳥が
同じ場所にやってくるのです。癒されました。
画像


そして・・約2週間後 無事退院することが出来ました

まだバランス感覚が悪くて、いつものようには歩けませんが
あと一息です。
耳は右が全く聞こえず、回復率は30%だと言われています。
後1ヵ月後には結果が出るでしょうが、全てを左の耳が聞こうと頑張っているのか
思いがけない方向から音が入るので、落ち着きません。
耳鳴りは激しいし・・・
でも、片方が無事で良かったと思う事にします。

年内はおとなしく過ごし、1月から普通の生活に戻れると信じたいです。

いつも私の拙ブログをお訪ねくださるブロ友様・・・
ご訪問やコメントは遅れると思いますが、またいつも通りに
戻れることが、こんなにうれしいのかを実感しています。
ゆっくり頑張りますので、よろしくお願いします。



この記事へのコメント

2016年12月12日 23:16
こんばんは。全然、ハミング気分じゃないですね。耳の病気、めまいって厄介です。見た目の変化が無いので周りに理解されにくかったり。どうかお大事になさってください。
2016年12月13日 04:38
おはようございます。
わー!何も知らずにごめんなさい。
母が同じだったのでビックリ。
でも治りますから。ちゃんと戻れますよ。
養生してくださいよ。
私も少しそのケがあるんです。遺伝かな。
それにお疲れかも。
それにしてもよくブログ出来ましたね。
お大事にです。本当にお大事にです
よしこさん
2016年12月13日 16:54
びっくりしました 
でも 順調に ご回復のこと 一安心しました
無理しないで 少しずつ 元の生活にね

救急車のお世話になる 判断 正しかったと思います
耳鼻科へ行ってられるんです
何でも 早期治療が1番

ホント 無理しないで お大事に
2016年12月13日 19:44
更新がないので、どうしたのかと思っていました。
大変なことがおきていたのですね。
救急車は娘の付き添いで何度か乗りましたが、自分自身とは思いもしなかったことでしょう。
いまはよくなって余裕もできたようで安心しました。
どうぞお大事にしてください。
2016年12月13日 21:02
achisiさん
原因は解明されていないそうです。
健康を過信している自分に、警告を
鳴らされたのかもしれません。
間もなくハミング気分に戻れそうです。
コメントありがとうございました。
2016年12月13日 21:13
wingaさん
私の周辺では聞いたことも無かったのですが、
お母様も大変な思いをされたのですね。
2週間のしんどかった入院を機に、もう少し
年相応に生活しなくては・・なんて・・
神妙になっています。
コメントありがとうございました。
2016年12月13日 23:48
驚きました。
大変でしたね。不安だったでしょう。
でも少しづつ快方に向かわれているとのこと
安心いたしました。
救急車は3回乗っている私。
つばささん、お近くで良かったですね。
この病気はストレスが大敵です。
暫らくノンビリお過ごしくださいね。
どうぞどうぞお大事に。
2016年12月13日 23:50
こんばんは。
入院されていたんですね。ビックリしました。
でも無事退院なさったようで何よりです。
我慢なさらず救急車を呼ばれた事は正解ですね。
これから寒くなりますがお体を大事にしてお過ごしください。
2016年12月14日 10:57
よしこさん
原因不明なので、自分の行動について
反省する材料も無く・・
でも、自分の身体ともっと向き合って
生活しなくてはと思います。
コメントありがとうございました。
2016年12月14日 11:06
はるるさん
救急車の様子を観察したかったですが、
目を開けることも出来なくて、いつの間にか
病院のベッドに居ました。
付き添ってくれている主人の事まで
思いは及びませんでしたが、
きっと大変だったでしょう。はるるさんも
体験されたのですね。
平凡な、普通の日常がなんと有難いことか。
コメントありがとうございました。
2016年12月14日 11:17
慈園さん
病気になるほどのストレスは自覚
していませんでしたが、きっと
抱えていたのかもしれませんね。
救急車の来てくれるのが早すぎて、
大慌てでしたが、助かりました。
3度も体験されたのですか。
取り戻せた健康を大切にして、これからも
過ごしたいですね。
コメントありがとうございました。
2016年12月14日 11:30
narayama2008さん
何故こんなに突然に・・自分が・・
訳の分からないままですが、無事に
退院出来、ほっとしています。
先ず、主婦業復帰を目指しています。
その後はまたカメラを携えて、出かけたいです。
コメントありがとうございました。


2016年12月14日 17:31
大変な目に遭いましたね。
私も救急車にはこれまで何回か
乗っていますが、どの時も
誰かの付添いでした。運ばれる時、
さぞ心細かったんじゃないでしょうか。
無理をなさらず、くれぐれも
お大事にお過ごし下さい。
2016年12月14日 19:38
yasuhikoさん
まさか体調も悪くないのに、何故
突然このような事になったのか、今でも
わかりません。
辛い状態の時には、何も考えられずに
いましたが、徐々に良くなって以後の
2週間の入院生活で感じた事を、今後の
生活に生かしていければと思っています。
コメントありがとうございました。
2016年12月17日 23:46
こんばんは
つばささん、大変でしたね。以前、私も原因は分かりませんが突然めまいと吐き気に襲われて寝込んだことがありました。幸いすぐに回復しましたがあの辛さは本当に大変でした。今は少しずつ良くなっているとの事で安心しました。入院中は小鳥に癒されたのですね♪きっと優しそうなつばささんに毎日会いに来てくれたんですね。
1月にはもっと良くなられていますよう私も応援していますからね(*^^*) 寒くなって参りましたので風邪など引かないよう気を付けてくださいね。
2016年12月18日 18:17
ひまわりさん
お久しぶりです。訪ねていただき嬉しいです。
ひまわりさんの方も、大変だったのですね。
自分では計り知れない事が突然にやってくるのを、
今回は思い知らされました。
お陰さまで、随分回復して、耳はまだまだですが
お買い物にも近くなら行ける様になりました。
といっても主人同伴ですが・・・
本当に、1月にはいつもの日常が戻るよう
気をつけて過ごしたいと思っています。
コメントありがとうございました。
2016年12月18日 22:01
こんばんは。
大変な状況になられていたんですね。
驚きました。
ゆっくり静養なさって、決して無理なされずに。
寒い日が続きますので、くれぐれもご自愛ください。
2016年12月18日 22:35
トンキチさん
ご訪問も遅れています。
お陰さまで随分しゃんとした気分ですが、
身体がもう一息です。
家でおとなしく過ごしていて、ブログを
やっていて良かったと実感しています。
暖かいお言葉、ありがとうございます。
2016年12月19日 21:01
大変でしたね。知らずにいて申し訳ありません。
めまいと吐き気って本当に辛かったでしょう。慌ただしい時期になりますがあまり無理されないようにしてくださいね。おだいじに。
2016年12月19日 21:57
かるきちさん
元気だけがとりえの私ですが、突然
こんな事になりました。
年内はおとなしく過ごそうと思っています。
京都に来て居られたのですね。
健康体で好きに動ける事がどんなに
有難いかを、痛感しました。
コメント、ありがとうございます。