のんびりな鹿さんでした。

夕方のローカルTVで、県立美術館での
特別展を紹介されていて、その翌日に
久しぶりに奈良市内に行ってきました。

奈良③.JPG

以前は広い自動車道を挟んだ公園側にいただけですが、
最近は観光バスや人出も少なくなり、自由に動き回っている様で
上手く道路を横切っているのでしょう。

親子で美味しそうに、草を食んでいる姿は微笑ましい。
たまに母鹿のおっぱいも飲んでいましたが、
私の側からは捉えることが出来ませんでした。

孫娘のYちゃんが、年中さんになり”しかぐみ”になったそうなので、
さっそくLINEで送信しました。

DSC_0741.JPG




美術館で開催中の”熱い画家”展"の出展者の名前を見ていて、
主人が、中学時代の恩師に気づきました。
中学校では担任を持たず、美術の専任だったそうです。

振り返れば、凄い方の指導を受けていたことになりますが、
何等の絵画に関する影響も受けてないのは、残念なことかもしれません。

翌日の小雨の中、何故か、私が見に行くことになりました。

残念ながら写真撮影は禁止でしたし、殆どが抽象画なので
私にはよくわからなかったものの、
”戦後昭和に躍動した画家たちの熱いエネルギーを感じてください”
というパンフにある言葉を、実感できたような気がします。

部屋がいくつにも分かれていて、どの部屋もほぼ
貸し切り状態でしたので、全く三蜜の心配もなく鑑賞できました。

DSC_0733.JPG




ランチ処を探しながら散策です。
小さなお寺ですが、素敵な風情に惹かれて、少し中に。

DSC_0752.JPG




向こうの木には、赤いお花が沢山。
梅雨の頃に咲くらしいのですが、サンゴシトウ(珊瑚刺豆)の様です。
DSC_0754.JPG



ヤマボウシを、雨に打たれて足元に落ちている赤い花が、
引き立てています。

DSC_0753.JPG



別の細い路地に咲く額アジサイのブルーに引き寄せられました。

DSC_0749.JPG




こちらは、お店の入口にありましたが、絵の練習には良さそうなまとまりです。

DSC_0750.jpg




こちらも、ずっと以前に来た時に気になっていた、可愛いお店。
やはり画材には良さそう・・後は、実行あるのみなんですが・・

DSC_0747.JPG



私には珍しく、とっくにランチタイムが過ぎて
やっと入りたいお店にたどり着きました。
上の階の食堂は眺めが良くて好きだったのですが、
今回は一人なので、一階で済ませることに。
入口で、手の消毒と検温がありましたが、店内は空いていて
素敵なお庭を眺める席で、ゆっくりいただきました。

ここへ来るまでの商店街も流石に空いていたし、
気に入って何度か友人とランチをしたお店が閉まっていたりで、
多くのお店が新型コロナの影響を受けられているのを感じました。
やはり、店頭でテイクアウト用を販売されているのが目につきました。

DSC_0758.JPG


観光客が多すぎて、もう随分公園周辺には行ってなかったのですが
自粛と経済活動のバランスの難しさを改めて考えました。

奈良の鹿さんたちも、何だか のびのびとしているようでしたが、
何を感じているのかな・・

マスクをしながらのウオーキングは、汗だくでしたが
定番のお気に入りの食べ物なども買うことが出来たし、
力強い作品も観れて、満足の一日でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 47

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

はるる
2020年06月16日 19:10
鹿さんも今年は人が少ないと思っているのでしょうか。
ご主人の恩師の美術展、すごいめぐりあわせですね。
これも縁があったのでしょう。
お寺の花がすてきですね。
やはり歩けば出会いがあります。
ランチもできてよかったです。
最近、外食を全然していません。
行きたいです。
つばさ
2020年06月16日 19:30
はるるさん

早速のご訪問、ありがとうございます。

絵の先生は、きっと後に有名になられたのでしょうね。
何でも勉強!と思って見に行きましたが、
どちらかといえば、前衛的な抽象画は苦手でした!(^^)!

ランチのお店は、いつもと違って入るのを躊躇しますが、
今回は衛生管理もちゃんとされていたので、良かったです。
お店を見極めるのが難しいと感じました。

観光客が少ない今が、行き時かもしれないとも思います。
2020年06月16日 21:15
ご主人の恩師の絵画展が最初の目的だったのでしょうが、
いろんな光景に出会えて良かったですね。
気に入ったお店でお庭を眺めながらゆっくりランチ、今は最高の贅沢ですね。
雨に濡れた石畳、白いヤマボウシと散った赤い花、趣がありますね。
外国にあるような可愛いお店、いつかつばささんのカンバスの中に。。。
外国の観光客がいない今、観光地へのお出かけのチャンスかもしれませんね。
拝見していて、やはり出かけるっていいなぁと思いました。
2020年06月17日 08:10
先日のニュースで、奈良公園の鹿達は、鹿せんべいをくれる観光客が居なくなったので人を見ても近寄ったりしなくなったと言っていました
今の鹿達は逆に穏やかに暮らしているのかもしれません
色々な夏の花の紹介ありがとうございます
花の名前は覚えずらいので困っています

マスクをしてのウォーキング、熱中症に気を付けてソーシャルディスタンスが確保出来る屋外では適時マスクを外してくださいね
つばさ
2020年06月17日 20:13
すずりん♪さん

絵画展が、久しぶりの奈良市内へ出かけるきっかけに
なってくれました。
最近は、単にぶらりとお出かけするのは、憚られますからね。

傘が有ってもなくても良いような空模様で、
散策にはちょうど好都合でした。
本当は、一人ランチよりも、おしゃべりランチの方が好きですが、
それでも、たまのお出かけは心のリフレッシュに
なったと思います(^^♪
つばさ
2020年06月17日 20:24
せきあさん

鹿さんたちは、新芽かなと思うような、とても短い草を
美味しそうに食べていました。
観光客が少ないと、おせんべいも余りもらえないのでしょう。

所で、宇治にも行きたくなっています。
三室戸寺まで紫陽花を見に行ったのは、もう随分前です。
そして、この時期には”す○○屋”の水無月が恋しくなります。

本当に、マスクも考えて着けないといけませんね。
2020年06月17日 23:29
こんばんは。

奈良の鹿、可愛いですね(^^)
前に観光客が減って、その為に鹿せんべいを貰えなくなったのでお腹を空かしているんじゃないかという報道がありましたが、鹿からみると鹿せんべいはおやつのような感じなんですね。
まあ、おやつをくれる人が急に少なくなったなあと思っているかも知れませんが・・・(^^;
それにランチをされたお店、素敵なお店ですね。なにより料理が美味しそうです(^^)

ここ2か月は大阪府の外には出掛けていないので、そろそろ府外にも出かけたいなあと思っている今日この頃です(^^)
winga
2020年06月18日 07:16
おはようございます。
お一人で奈良へ。
小鹿のバンビ♡可愛いですね。
おかあさんといっしょ。

抽象画で力強さがうかがえますね。壮大なテーマみたい。

お食事豪華。景色見ながらは心も落ち着きますね。
花々は今とばかりに咲いてます。かほりも一緒に。

今日は雨が降ると天気予報で言ってましたが、梅雨のジメジメが
どうにも嫌です。

気分は晴れやかで今日も良い一日を<(_ _)>
2020年06月18日 13:59
奈良の鹿さん、人が少ない分、
のびのびした気分でいるんでしょうか。
それとも、鹿せんべいなどの餌が不足して
困ってるんでしょうか。穏やかな
表情からは、なかなか読み取れませんね。
お孫さん、何としか組でしたか。それも
やっぱり、奈良らしいなと感じました。
サンゴシトウは、アメリカデイゴの仲間ですか。
似てるけど少し違う、多分、初めて見る
花のように思います。素敵なカフェで素敵な食事。
少しずつ日常が戻ってきますね。
つばさ
2020年06月18日 21:46
narayama2008さん

鹿さんたちは、公園側ではなく、広い道をわたった
文化会館側で、のんびりお食事をしていました。
人出も、車も少ないので、きっと、のびのびと
行動範囲を広げて楽しんでいるかのようでした。

ランチは、ホテルの一階でしたが、
この時期なのでリーズナブルな提供をされているのかも
しれません。何もかもが、ラッキーでした。

平日の空いている時間帯なら良いのではと思っていましたが、
明日あたりから往来が緩和されるので心配ですね。
つばさ
2020年06月18日 21:59
wingaさん

またまた、早朝からのコメントを、ありがとうございます。
そして、今頃は夢の中でぐっすり・・
娘と母ちゃんが逆転していて、面白いです(^^♪

奈良はやはり、出好きの私が出かけてきました。
主人によれば、絵の授業だけでなく、テニス部の
顧問もされていたとか。

伝統的な画法の殻を破ろうとする、熱い志を持った
画家さんたちの作品展だったのです。

一人ランチも平気な不良母ちゃん,いいえ、ばあちゃんで
ございました。

この辺では、早くも明朝の運転取りやめの情報が
出ていますが、京都は、大丈夫でしょうか。

つばさ
2020年06月19日 10:01
yasuhikoさん

鹿せんべいをあげるのは殆どが観光客なので、
最近はきっと、お口が寂しいかもしれませんが、
人も車も少なく、のびのび楽しんでいるようにも
見受けられました。

孫娘は大阪府下にいるのですが、年少は果物で、年中は
動物の名前だそうです。
奈良の私達にはしか組は何となくうれしいです。

サンゴシトウは、アメリカデイゴの子供に当たるそうで、
見分けるのも難しいです。
花の色や幹の感じで比べてみますと、やはりサンゴシトウ
だとおもうのですが。

海外で見たカエンボクも、遠目からは似ていましたが、
暑い所では、この鮮やかな赤が似合っていると思います。

最近は重い荷物が苦手になり、つい不得手なスマホで
撮りますが、yasuhikoさんのような素敵な写真には
いつも憧れています。
2020年06月24日 08:20
遅れ馳せながらコメントします。
奈良も観光客激減で困っていると思いますが、
鹿さんにとっては自由に散策できて、楽しいのでは?^^、
と思います。
梅雨時は草がどんどん伸びるので、食料も豊富です。
おやつの鹿煎餅が貰えずとも、主食は足元の草ですから。

御主人の美術の先生が画家になり、作品を出展されたんですか。
しかも「熱い絵画」ですから強い思い入れがある方でしょうか。
三密の心配なく、自由に鑑賞できて良かったですね。

赤い花は、サンゴシトウ(珊瑚刺豆)ですか。
調べると、サンゴシトウはオーストラリアのシドニー植物園で、アメリカデイゴ と北アメリカ原産のヘルバケアを交配して作られた園芸種だそうです。
和名も、珊瑚刺桐、珊瑚紫豆とありますが、南国の花木と言う感じですね。

画材に良さそうなお店、この色彩配分が使えて、バランスがいいです。
仕上がるのを楽しみにしています。
つばさ
2020年06月24日 14:33
アルクノさん

お忙しいでしょうにコメントを頂き、ありがとうございます。
人気のブロガーさんは凄いなと、いつも感心していますが、
私は、自分の身の丈に合った中で続けていければと思っています。

主人の先生は、後で立派な画家さんになられたようです。
絵は苦手だったそうですが、顧問をして頂いたテニスの方は
学生時代からシニアに至るまで続けていました!(^^)!

各地からの往来がゆるくなったので、今でしたら
また奈良も人出が多くなっていることでしょう。
鹿さんはどう思っているのか、インタビューしたい位です。

私は、下手な絵を楽しんでいます。