家族で集う

息子達が、主人の○○歳を祝って一泊旅行に
招待してくれました。

三連休なので、浜松からの新幹線は少し前に予約しても、
グリーン車しか取れないばかりか、当日は停車駅での乗降に
時間がかかり、待ち合わせていた京都駅には延着という
混雑ぶりだったようです。

ランチのお店も予約しておいて正解でした。
窓からは虹も見えてラッキー❣
画像


先ずは紅葉を楽しもうと、京阪電車に乗り換えて
石山寺に向かいました。
画像


お寺は駅から10分くらいなので、まわりの景色も楽しみながら
みんなで歩きました。
画像画像画像



京都でなくても、結構な人出でした。
以前に参拝した時とは随分混み方が違っていました。
画像


それでも見頃の紅葉を堪能することが出来ました。
画像



画像



画像



画像



画像



山茶花とのコラボも。
画像



西陽になって逆光ですが、かえって枝ぶりが面白いかも。
画像



ここから先が有料で、石山寺の名の通り
至る所に壮大な硅灰石が突出し、
巨大な堂宇がその上に建てられています。
平安時代には多くの貴族や女流文学者が参拝されたそうです。

幼い孫娘は既にお団子の方が気になっているようなので、
ここでUターンです。

画像


画像
滋賀にも和菓子の老舗があり、
床几も置かれていてお茶のサービスもあるので、
それぞれが好きなのをいただいて、小休止です。


ここからはタクシーでホテルに向かいました。
琵琶湖畔にあるので、部屋の窓からはボートの練習風景も見れました。
来る途中の瀬田川沿いには、京大ボート部の拠点があり
恵まれた環境にあるので、皆さんも頑張っているのでしょう。
画像
ボートは手前にあるのですが、
小さくて分かりづらいかもしれません。
何艘も行ったり来たりしています。


少しばかり海外旅行を思い起こす様な佇まいの
素敵なホテルでした。

エントランスは早くもクリスマスの演出で、
孫娘たちは”夜みたい!”と喜んでいました。
画像


画像


晴れの日は素敵な夕焼けのおまけがつきます。
暫く眺めているとオレンジからピンクに。
旅先での夕陽はまた格別です。

画像

画像


花火もありましたが、撮るのはこの一枚しか間に合わなかったのです。
画像


翌日のチェックアウト後は、自宅に向かいました。
というのは、私のPCを買い替えたので、長男にセッティングを
頼んでおいたのです。

Windows10は初めてなので使いこなせるかどうか心配ですが、
機能が充実しているのには驚きました。
何とかブログの更新は出来たようです。

我が家で一泊してそれぞれが帰っていきました。
勤務の都合で兄弟が静岡県に住んでいましたが、
次男が最近、大阪に転勤になり行き来がしやすくなりました。

なるべく息子達の生活リズムを壊さないように、
主人と二人で助け合って元気で頑張っていきたいと思います。


"家族で集う" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント